性欲

性欲がない原因

性欲がない原因

男性が女性とは異なる特徴として挙げる事が可能なのは、
特別な気分になっていなくてもパートナーをはじめとする異性から求められるとすぐにその気になり応じられるという点ですが、
突如としてかつては満ち溢れていた性欲が無くなってしまう事例があります。

しかも、まだ若くて性欲が高い20代後半や30代でも起こり得るのでとても深刻な問題なのですが、見舞われる年齢と社会における立場を見比べてみると
少しずつ地位が高まり、責任やプレッシャーが大きくなる年齢であるという事が判明します。

つまり、会社の社運がかかっているようなプロジェクトを受けるようになったり、上司と部下の間に挟まれて関係を取り持つ中間管理職といった肩書になると、
常に神経をすり減らす事になり交感神経が優位になり続けてしまうという仕組みです。
性欲というのは副交感神経が優位にならなければ高まらないので、緊張状態に陥っていると異性を求める気分にはならないですし、
物理的にも身体が反応しなくなってしまいます。

男性の場合性欲が高ぶっている時は目に見えて変化が感じられますが、交感神経が過敏になっているとデリケートな部位に対して血流が循環しなくなる事が原因で、
何も変化が起こらなくなります。
すぐに仕事の状況や立場を変化させるという事は難しいですが、オンとオフの切り替えを明瞭にさせると一時的にビジネスの忙しさやプレッシャーといった原因から
解放されるので、スキンシップを楽しむ事ができるようになりますし家族計画も上手くいきます。

ただし、厄介なのはストレスが原因で長い間象徴的な部分に対して十分な血液が行き届いていない事例であり、
気持ちの面で性欲が元通りになっても身体の機能は一朝一夕では治らない事があります。
そのため、心臓から生み出される血液をしっかりと末端まで届けるべく、同時に適度な運動を日課として行うように意識してください。
実は運動不足が原因で性欲が衰えてしまう事もあるほど密接な関わり合いをしているので、心身ともに健康で居る事が前提条件になります。