包茎の矯正下着

包茎でお悩みのあなた!

包茎の矯正下着とは

男性の中には性器のサイズや包皮の状態で悩みを抱えている人もいて、その問題を解消するために様々な方法を試しています。

そんな中でも特に多いのが包皮が亀頭を覆い隠している包茎で、実に世界中の7割の人がこれに悩まされています。

そのうちの8割が仮性包茎であり、残りの2割が真性包茎かカントン包茎と言われているのです。
この問題は外科的手術によって解決するのが一般的ですが、無理にメスを入れずとも矯正下着で解決できる場合もあります。

矯正下着の特徴は、外見が通常の下着と変わらず、ただ履き続けるだけで自然と矯正が可能な点です。

実際に効果があるかどうかは別として、外科的手術による治療は傷跡が目立ったり、費用が高くつくなどのデメリットもあるため、
費用も安く自然に任せて矯正できるのであれば試す価値が十分にあると言えます。

矯正下着の原点となるのはビガーパンツで、下着の内部に装着されたリングを包皮を剥いた状態にすることで、包皮の定位置を矯正する手法となっており、登場した当初は画期的な機能として話題になった下着です。このリングを使った下着が最もポピュラーなタイプとなっていますが、最近では数種類のタイプが開発されています。矯正器具がパンツタイプでは見た目からして不自然なものなので、すぐにばれてしまいますが、トランクスタイプのゆったりとした下着なら、内部に矯正器具が入っていてもぱっと見は普通のパンツにしか見えなくなっています。

下着を履くのと同時に矯正器具を装着するため、手間がかからず付け忘れを防ぐこともできます。
これでもばれるかもしれないと不安なら、接着剤タイプを利用すると良いかもしれません。
接着剤は医療用のため、包皮口を開いて固定するのにも問題なく、特別な何かをしなくても生活するだけで剥け癖ができて、包茎から解放されるという仕組みです。

その他にも細々とした矯正下着にまつわる器具があるのですが、これらは基本的に仮性包茎向けのもので、真性包茎では解決できないか、何かしらの問題が起こる可能性もあるので無理に使用することは控えておきましょう。