使用済み下着を受け取るなら

使用済み下着の受け取り方

ばれないように使用済み下着を受け取るなら郵便局留めがオススメ

女性の使用済み下着をこのなく愛する下着マニアは、残念ながら世間ではあまり受け入れられていません。
このような趣味を持つ男性の気持ちが理解できない女性は多く、バレるとなかなか愉快とは言い難い未来が近づいてきます。

ですから、この趣味を続けるには「いかに周りにバレないようにするか」がとても重要です。

特に家族と一緒に暮らしているなら、使用済み下着を購入したときは、受け取り方に注意しましょう。
商品の受け取りは、意外と大きな落とし穴があるので注意が必要です。

使用済み下着販売サイトは、バレないように送品してくれる

使用済み下着の販売サイトは、基本的に商品は出品した女性が発送します。
このときに、中身がバレないように送り方が工夫されています。

簡単にまとめると、以下の通りです。

・送り主名や住所が、会社名になっている。
・品名が一般的な商品名にしてある。

送り主が発送した女性の名や住所ではない一番の目的は、サイトに出品している女性の個人情報を守ることです。
しかし、送り主を法人名にすることで「見知らぬ女性から何か送られてきた」という情報を家族に知られずに済むというバレないためのメリットもあります。

また、品名が一般的な商品名になっているのも、中身が「使用済み下着」であることを隠すためです。

どちらも地味な手ではありますが、効果的な方法といえるでしょう。

ただし、これら方法は完璧ではありません。
なぜなら品物が家に着いた時点で、家族は「あなたが何か買った。もしくは、何か受け取った」という事実を知るからです。

始めのうちは興味なくても、何度も品物が送られてくるようになれば、「いつもなにをあんなに買っているのだろう」「いつもなにを受け取っているのだろう」と好奇心が湧いてきます。

そうなれば、いつバレるか分かりません。

一番安全な受け取り方は「郵便局留め」や「営業所止め」

このようなとき、オススメの受け取り方は「郵便局留め」や「営業所止め」です。

自宅ではなく指定した郵便局や宅配便の営業所の窓口で品物を受け取れる「郵便局留め・営業所止め」は、もともとプライバシーを守る方法として普及しています。

中古下着販売サイトでは、この「郵便局留め・営業所止め」を受取方法として選択できるので、家族と同居している方は利用してみてはいかがでしょうか。

特に郵便局は全国で約24万局。
宅配便の営業所よりも圧倒的に多いですから、近場や通勤途中で受け取りできる郵便局が必ずあるはずです。
時々別の郵便局に変更すれば、顔を覚えられることも防げます。

購入したものが使用済み下着だったら小さいでしょうから、カバンやバッグに隠して帰宅するのも簡単ですし、家族にバレることもないでしょう。

このように「郵便局留め・営業所止め」は、購入した使用済み下着の受け取り方法として、もっとも安全でオススメです。

使用済み下着を安全に手に入れるなら「郵便局留め」がオススメ

いかがでしたか?

下着マニアにとって気をつけるべきは、同好の士以外に趣味がバレること。
使用済み下着を長く楽しむためにも、秘密を守らなければなりません。

特に家族と同居している方は、購入した使用済み下着を受け取るときがもっとも危険です。

だからこそ、場所を指定して確実に自分で受け取れる「郵便局留め・宅配便の営業所止め」が一番オススメ。
これなら、家族に趣味がバレることはありません。

受取方法に「郵便局留め・営業所止め」を利用して秘密を守り、使用済み下着の収集を楽しみましょう!