女性の転職

女性の転職事情とは?

女性の転職事情とは?

仕事をしていると男女問わず転職を考える機会が訪れます。
そういったとき、男性と比べて女性は転職が難しい傾向にあり、その理由は年齢に起因することが少なくありません。
定年まで働くことが非常に多い男性とは異なり、企業が女性を採用しようとする場合は年齢でいつまで働くのか、どれだけ働けるのかということを判断することが多いのです。

まず、20代の場合は実力さえあれば転職で苦労することはありません。
同じ業界はもちろんのこと、未経験の業界であっても仕事をするうえで十分な能力を備えていれば採用されます。

仮に不採用になることがあれば、それは実力が不足しているか同じ採用試験に挑んだ競争相手に及ばなかったということが理由です。

しかし、30代になると実力だけでなく年齢による判断が加わってしまいます。
この年代の女性は家庭を持って子育てを始めていたり、近いうちに結婚することが一般的なため企業としてはどれだけ働くことが出来るのかを考慮するようになるのです。

得に子育てをしている場合は子どもの急病などによって突発的に休まなければならないことがあり、企業側は仕事に穴が空くことをリスクとして判断します。
そのため同程度の実力であれば男性や20代の女性が優先して採用されることがあります。
子どもが成長して手が掛からなくなる40代では、今度はいつまで働くつもりなのかという点が重視されます。

家庭によってはこの年代から親の介護が始まることがあり、企業としては正社員ではなく契約社員やパートとして採用したいと考えるため転職が難しくなってしまうのです。
このように女性の転職事情は男性よりも比較的難しくなっていますが、近年は女性登用の流れが生まれているため国の政策に忠実な官公庁では女性を積極的に採用しています。たとえば市役所などでは出産して育児休暇を取得してから職場復帰したり、子どものために早退するということも珍しくないため転職しやすいのです。