女性の性欲

女性の性欲が高まる年齢

女性の性欲が高まる年齢

20代は一切異性に対して気持ちが高ぶらなかったのに、30代に突入した途端人が変わったように性欲促進する女性は稀有ではなく、非常に大勢の方が異性を求めるようになるのですが、それは決して焦りや寂しさが関係しているのではなく潜在的な本能が関係しています。

中でも35代半ばから40代の初め頃まではピークなのですが、その理由はステロイドホルモンという異性の身体を求めたくなるホルモンが増えるという事が関係しています。
実は男性にも同一のホルモンは存在しているのですが、男性の場合10代の終わり頃から活発化し、その後20代や30代というように年齢を重ねていく度に減少していきます。

しかし女性の場合は逆の動きを見せるという特徴があり、10代は体内にて沈静化しているのに20代の終盤から30代にかけて少しずつ活性化し、特有の性欲促進となって見られるようになります。

このように人体の仕組みも多いに関係しているのですが、年齢的に社会や職場での地位も高くなっていくという点も関係しており、環境によって変化する心理的な側面から性欲促進が行われています。

現代においては三十代でまだ独身というのは珍しくないものの、比率としては既に結婚していて子供を育てている割合の方が高いので、自分自身に対してプレッシャーをかけてしまい、子供を産み育てなければならないという焦燥感に見舞われる事で性欲促進に繋がります。

さらに性欲促進が見られるようになる年齢をよく考えた場合、まだ若いとは言っても以前に比べ体力が低下し始めているのは事実であり、高ぶる欲求を抑えられる程の体力が残っていない様子も関係しています。

しかも様々な経験を積んでいる上にあらゆるシーンに直面する事も増えて経験値が高まっているので、かつてよりも想像力が強くなっているため何気ない事柄でもその後の展開を大きくしてしまい性欲促進が掻き立てられます。
身体も神経質になっていて楽しみやすくなっているので、性欲促進が感じられた時には恥ずかしく思わずにオープンにしていくと良い出会いと経験に恵まれます。