主婦向けキャッシング

主婦・女性向けのキャッシング情報など。

主婦向けのキャッシング情報

急にお金が必要となる用事ができたとき、用を足すために必要な現金を持ち合わせておらず、キャッシュカードも持っていない場合はキャッシングサービスが便利であることは、主婦・女性にとっても同様です。

キャッシングサービスは主婦・女性には敷居が高いイメージがありますが、金融会社がイメージの払拭や女性向けのサービスの導入などに取り組んだ結果、ひと昔前までよりは利用しやすくなっています。

今日では、大手の金融会社を中心に、レディースローンと呼ばれるサービスが導入されている所が多いです。
このローンの貸付条件や審査の方法は通常のキャッシングとまったく同じですが、窓口は通常のものとは別に設けられており、女性のスタッフによってすべて対応されるのが大きな特徴です。

異性のスタッフに懐事情を聞かれるのが嫌な人はレディースローンがあるキャッシング会社からお金を借りると良いです。
主婦がキャッシングサービスを利用する場合は、専業か兼業かで扱いが大きく変わります。
自分で仕事をして得た収入がある兼業主婦であれば、借りようとしている金額が収入に見合ったものかどうかだけを考えれば良いですが、収入が無い専業主婦はそのままの状態では貸金業法の規制によって1円も借りることはできません。
もし、専業主婦がキャッシングサービスでお金を借りたいのであれば、配偶者貸付と呼ばれる制度を利用することになります。

この制度は、自分自身の身分証明書に加えて、配偶者からの同意があったことを示す書面、婚姻関係があることがわかる書類、配偶者の収入を証明できる書類の3点を提示することができれば、夫婦の年収総額の3分の1に相当する額を上限に金融会社からお金の貸付を受けられるというものです。
必要書類からもわかるように、配偶者貸付を適用してのキャッシングはパートナーを通すことが必須となっており、専業主婦は家計を支える夫に内緒でお金を借りることはできない仕組みになっているので注意が必要です。