ブラジャーのたたみ方

ブラジャーのたたみ方

ブラジャーのたたみ方

下着は毎日使うものですから、きちんと洗って清潔に保ち、快適に使えるようにしておきたいものです。
特に収納には気を使って、取り出しやすく下着を傷めないようにしておく必要があります。

特に気を付けておきたいのがブラジャーです。
胸をしっかり支えて形を整えていくために重要な役割を果たしてくれるアイテムですが、それ故に型崩れしないようにきちんとした収納方法をとっていかなくてはならないものでもあります。

収納場所を決めるときには出来るだけゆとりを持たせておくようにしましょう。

ぴったりと詰め込んでしまうと、カップの形が崩れてしまってブラジャー本来の機能を発揮できなくなってしまいます。
型崩れを防ぐためにはスペースにゆとりを持たせるということが肝心です。
特に型崩れすると使えなくなってしまうワイヤー入りのブラジャーは、畳み方にも気を付けておきましょう。
カップの形そのままを保っていくために、再度のベルト部分を中に折りこみ、肩ストラップを中に折りこむ程度にして、カップの形を保ちながら立てた形で並べて収納していきます。詰め込みすぎるとカップの型崩れが起きてしまうため、ゆとりを持った収納を心がけたいものです。
ノンワイヤーの物やソフトタイプのものは、カップ同士を合わせる形で折りたたんでも影響が少ないです。
二つ折りにしてカップを合わせ、片側に寄せるとコンパクトになります。飛び出した肩ストラップとサイドのベルト部分を折りこんで収納しましょう。
スペースに限りがある場合にはこうした形で収納すると便利です。
こちらも詰め込みすぎると形が大きく崩れてしまいますから、ある程度の余裕を持たせたうえで収納してください。
洗う段階では専用のネットに入れておくのが型崩れや破損を防いでくれるのでおすすめです。
繊細なレースのものなどは他のものと一緒に洗うと引っかかって破損しやすいので気を付けましょう。
パッドなどが入っている場合には外して洗濯し収納しておくとカビや型崩れを防げます。