会社にばれない女性の副業

対策すれば大丈夫!会社にばれない副業方法まとめ

対策すれば大丈夫!会社にばれない女性の副業

副業をしている人は年々増えています。
今では社員の副業を認める会社も少しずつ増えてきました。

とはいっても、まだまだ禁止している会社のほうが多いのも事実です。
会社にばれないように副業するには、どんなことに気をつけるべきでしょうか。まとめてみました。

会社に副業がばれる最大の原因は住民税

会社に内緒で副業をしている人たちは、かなり気を使っていることと思います。

副業していることを他人に話さないのはもちろん、副業している上で本名や住所を公表しないようにしたり、SNSを利用する時も内容に気をつけたりしているのではないでしょうか。

個人情報の取り扱いを慎重にするのは大切ですが、実は会社が社員の副業を見つけるきっかけはもっと別の情報からです。

それは、住民税。

一般的に本業以外でお金を稼いでいる場合、年間での副業所得(収入から経費を引いた金額)が20万円以上だと、確定申告する必要があります。

行政は、この確定申告に基づいて本業と副業の所得を合わせて住民税を計算し、本人が勤めている会社に収めるように通知するのです。

副業による副収入がある分、当然、住民税は給与所得のみの金額より高くなります。

会社側からすると、給与所得から計算される住民税額と、実際に行政から請求された住民税額が違うのですから「おかしいぞ?」となるわけです。

会社に副業がばれる一番の原因は、この確定申告による住民税の増加なのです。

会社にばれない、確定申告の方法

それでは、会社にばれないように副業する事はできないのでしょうか。

実は比較的簡単な方法が2つあります。

一番簡単な方法は「年間副業所得を20万円以内にする」ことです。
そうすれば確定申告をする必要がないので、住民税も変化しませんから、会社にばれずに済みます。

しかし、この方法では毎月16,666円までしか副業で稼げません。

もう一つの方法は「確定申告のときに、住民税の納付方法を選ぶ」ことです。

確定申告書にある「住民税に関する事項」には、徴収方法を選ぶ項目があります。
ここで「自分で納付」にチェックを入れて提出すると、副業分の住民税納付書が自宅に送られるのです。

こうすれば、副業でいくら稼いでも会社には給与所得分のみの住民税納付書しか届きませんから、副業がばれることはありません。

会社にばれないように、副業するには確定申告に気をつけよう

このように、会社にばれないように副業するには、確定申告の方法がポイントです。

年間副業所得が20万円を超える場合は、確定申告する際に必ず住民税の徴収方法を「自分で納付」にしましょう。
それだけで、副業が会社にばれる確率はとても低くなります。

あとは、副業上で使う個人情報の取り扱いに気をつければ、ほぼばれることはないでしょう。

しっかり対策すれば、会社にばれないように副業できます。
うまく副業して、稼いでくださいね。