中古パンツを売っている人

メルカリやオークションで使用済み下着を売るのは危険

メルカリやオークションで中古パンツを売るのは危険!?

最近スマホで手軽に販売できるフリマアプリが人気です。
メルカリなど、多くのフリマアプリを利用して、お得にショッピングをしている人が増えてきています。
昔からのオークションなどもまだまだ勢いはあり、個人で売買するサイトは右肩上がりで、利用者は増えています。便利で販売が終了したレアなお宝まで購入する事ができます。

こういうアプリを使って、個人的に使用済み下着を売っている人がいますが、それはかなり危険な行為です。
個人で販売するということは、自分の住所や名前を購入者の男性に知られてしまいます。
そうすると犯罪に巻き込まれる可能性が高くなってしまうのです。なので、できるだけ個人でフリマアプリを使って販売するのはやめたほうがいいでしょう。

危険性が一切なく、使用済み下着を売る方法が一つだけあります。

それは使用済み下着販売サイトで売ることです。こういったサイトは、運営が売買を仲介してくれます。
売買をスムーズにできるように、間に運営が入ってくれるのです。なので、購入者にこちら側の住所や名前を知られる心配はありません。

こういったサイトのおかげで、リスクなく使用済み下着を売ることができるようになりました。昔は個人で売っている人が多かったので、トラブルも非常に多かったのです。
「住所を知られたくなかったら直接会ってくれ」「個人情報をばらまくぞ」という脅しも横行していました。昔は本当に怖い時代でしたね。

メルカリやオークションなどは確かに便利なものです。しかし使用済み下着を売るには、適している場所だとはいえません。
個人で売買する事は本当に危険なことなので絶対にやめてください。
最近増えている使用済み下着専門の売買サイトを利用することで、こういうトラブルもなく、お手軽に売ることができます。

自宅に要らない中古パンツがいっぱいあるという人は、一度売買サイトを利用してみて、売ってみるのもいいかもしれません。